『かわいい彫刻ほど、旅をさせたいと考えています。

 展示会に必要な最低限の彫刻たち以外は、すべて作ったものは手放してきました。いいものほど、手放す方がいい、そういう思いを感じられたときから私は、ひとりの彫刻家として自立できたように思います。

 いつか、世界各地に自分の彫刻の動物たちがちりばめられている夢を見ます。海辺のレストラン、山奥の山荘、町中の図書館、コンビニのレジ、どんな場所にも、似合うような彫刻を作りたいと考えています。

そして作った作者は不明でも、その彫刻が町の人からかわいがられる、そんな風になったら、どれほどすてきなことでしょう。

昔阪神大震災にあって、家の中がぐちゃぐちゃになりました。
たくさんの神戸の人たちの大切なものが焼かれ、壊れて消えてしまいました。
そしてまた大きな地震で、たくさんの方の大切なものが失われていきました。
地球上安全な場所なんてないし、どこに住んでいても、土地を買ったとしても、
すべては地球の持ち物なんだという気がしています。
自分自身だけのものなんて、この世界に一つもないような、そんな気さえしています。

彫刻家はしもとみおブログ―ナマケモノ日記 タイトル「旅する彫刻」より抜粋

 

 

『失った形を取り戻す、そんな事なんて、人間の手にはとうていできない事なのでしょう。
形あるものは、失われるからこそ、美しくもあるのでしょう。

私は彫刻で、命を吹き込んでいるとかそんなふうに思った事は一度もありません。
命はもう既に木の中に眠っていて、モデルのその動物たちが、「私を思い出して」といっているような気がして、制作しています。
あの時の、あの表情、あの一瞬を思い出して、それを形にする、
デッサンにデッサンを重ね、15年もの訓練を経ても、いまなお制作は難しく、うまくいかないたびに、落ち込んだりもします。

最初は私が出会った個人的な動物たちを残していましたが、
いまでは、多くのかたのたいせつないきものの家族の姿を、彫刻にする仕事を続けています。
とても難しく、責任の重い仕事ですが、私があの震災の後おもった、
「あの子は、あの子がいる景色は、どれほど美しかったことだろう」の思いが、
私を迷わせる事無く正しい方向へ、動物たちが導いてくれているように思います。
かつて生きていた美しいものたちから、これから生まれてくるであろう美しいものたちへ、
彫刻を通して、伝える仕事を、生涯続けて行けたらなと思っています。

彫刻家はしもとみおブログ―ナマケモノ日記 タイトル「小さい頃」より抜粋

「旅する彫刻」 プロジェクトについて

はしもとみおさんは一貫して「生」をテーマに動物の肖像彫刻を一本の丸太から作りつづけています。「個」としての命が生きていた美しさを残したいという思いから彫刻家になりました。幼少から動物が大好きで、かわいがっていた仔犬の死を目のあたりにして獣医になることを目指していましたが、15歳のに時起こった阪神淡路大震災に被災し自身の生き方が一変します。医学が進歩しても亡くなった命を蘇らすことは出来ない。しかし、自然の力に逆らうことなく大切な命を後に残すことはできないものかと考え、今まで仕事にすることは考えに及ばなかった美術の道に進みます。

美術を通して彫刻と出会い、大好きな動物たちの形を残すということにひたすら取り組みます。現在はしもとみおさんはオーダーメイドの肖像彫刻を主軸に制作活動を行っています。依頼者のたいせつな家族の一員の動物たちの姿を彫刻にし、また家族の元へ彫刻を旅立たせます。そして彫刻になったいぬ、ねこ、たくさんの動物たち、はしもとみおさんの手により彫刻になった彫刻たちはその日から、新たな生活や旅が始まります。

「旅する彫刻」プロジェクトでは、そんな誰かにとってかけがいのない動物たちの肖像彫刻の紹介とともに彫刻たちの、その後の暮らしを写真や映像、取材を通して記録するプロジェクトです。同時に、はしもとみおさんの作品作りの現場を記録するプロジェクトでもあります。すべての命には他の命と取り換えることができない物語が存在します。本プロジェクトでは、はしもとみおさんの手から生まれた肖像彫刻、モデルとなった動物、そして家族、その全てを「命」の物語の記録として残したいと考えています。

タラちゃん
写真:タラちゃんと彫刻のタラちゃん

 

映像:はしもとみおさんデッサン風景 (モデル: フェネック アピさん)

展示等のスケジュール

 

はしもとみお 個展 「旅する彫刻」

gallery kissa 東京都台東区浅草橋3-25-7-4F

2015年5月16日(土)~6月20日(土)

アクセス:
都営浅草線 蔵前駅 A1出口 徒歩3分
JR総武線 浅草橋駅 東口 徒歩7分
都営大江戸線 蔵前駅 A5、A6出口 徒歩8分

旅する彫刻DM-1

彫刻家はしもとみお プロフィール

0306-263

略歴:

 

1980 兵庫県生まれ
2000 アトリエ ”やま” 滞在、修行生活
2005 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
2007 愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
2010 アラブ首長国連邦滞在、作品制作
2013- 三重県いなべ市在住

 

個展:

 

2004 「あしたやさしくなれますように」 コドモ/miniギャラリー(東京)
2006 「Family」展 ギャラリーバッカス(東京)
「小さな動物たち」展 ギャラリー杉小屋(静岡)
「Family」展 ギャラリー名芳洞(愛知)
2008 「はしもとみお彫刻展」 タリーズコーヒー栄店(愛知)
2009 「彫刻のレストラン」展 フリュウ・ギャラリー(東京)
2010 「Beautiful friend」 アトリエスペースNAF(愛知)
「Beautiful friend」 フリュウギャラリー(東京)
2011 「ここにいるケモノ」展 大磯・世代工房(神奈川)
2012 「砂漠のケモノたち」展 ミュシカ(愛知)
「遠い国のケモノたち」展 ソーイングギャラリー(大阪)
「ケモノたちのなつやすみ」展 河合塾千種校(愛知)
「どうぶつたちと過ごすクリスマス」 代官山アドレスディセ(東京)
2013 「いきものたちの、ものがたり」展 那須高原えほんの家 MURMUR(栃木)
BODAIJU EXPO 大阪 個展(大阪)
2014 「はしもとみお展 動物たちからの手紙」 三岸節子記念美術館(愛知)
「いぬねこ島へようこそ! 彫刻家はしもとみお展」 gallery kissa(東京)
彫刻家 はしもとみお展~いきものたちの隠れ家~ けんちくの種(大阪)

 

主な出版物・メディア:

 

2008 絵本「神様のないた日」(タリーズコーヒージャパン)出版 (タリーズピクチャーブックアワード)
2010 「人生が変わる1分間の深イイ話」アート作品SP 第二弾 (日本テレビ11月22日放送)
2011 「注目のアーティスト探訪 どうぶつ彫刻家 はしもとみおの仕事」(MOE 7月号)
2012 「彫刻になった家族の話」(UAE No.51 SPRING 日本アラブ首長国連邦協会)
「今月のこの作家この作品 世界中の動物に会いたい」(月刊美術 4月号)
2013 「新しい木彫の形 III・世界の理に触れるかたち 目の前のいのちが丸ごと、木に宿るまで」(月刊美術 2月号)
「やっぱり猫デアル 自由な猫の美しさそのままを」(月刊美術 4月号)
2014 「LIFE〜夢のカタチ〜」 http://asahi.co.jp/life/backnum/140322.html (朝日放送 3月22日放送)
30分番組、4月25日CS放送 スカイ・A sports+ で再放送(全国)
ユニクロ(UNIQLO) CM出演 「ヒートテック 彫刻家篇」 2014年10月~

 

ウェブ: はしもとみおホームページ

ブログ: はしもとみおのナマケモノ日記

「旅する彫刻」プロジェクト 制作メンバー

 

はしもとみお
彫刻制作
1980年 兵庫県生まれ、三重県在住 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業。2007年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。“生”をテーマに動物の肖像彫刻を手がける。
http://kirinsan.awk.jp/

1973年 静岡県生まれ、東京都在住 ワシントン州立ワシントン大学院物理学研究科博士課程修了(Ph.D.)。 2012年6月 東京都台東区浅草橋にギャラリー(gallery kissa)をオープン。 妻と息子、3匹の猫と暮らす。
http://gallerykissa.jp/

1979年 仙台生まれ北海道育ち北里大学獣医畜産学部 生物生産環境学科卒業。 大学在学中から、写真家の細川剛氏に師事する。 2000年 東京都八王子市に東京事務所を置く傍ら、八ヶ岳南麓(長野県諏訪郡富士見町)に古い家を見つけ自分たちで改装し妻と二人の娘、犬、猫と移り住 む。 現在、東京都と長野、山梨に拠点を持ち活動中。旅する彫刻プロジェクトの写真全般。
http://tonami-s.com/

倉敷芸術科学大学卒業。2008年から映像制作 独楽の代表として映像制作に取り組む。 イメージ映像、CM、舞台用映像、映画、様々の映像を制作。
http://eizouseisakukoma.com/

 

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

メッセージ本文

captcha画像の文字を下記に入力してください。

ToTop